歯のトラブル

歯を抜けたまま放置してはいけない

teeth

実は、歯を失った場合、そのまま放置すると他の歯にも影響を及ぼすと考えられています。たとえば、一本歯を失うと、歯がなくなった部分に隙間ができます。その結果、失った歯の両隣りに生えている歯が隙間に倒れてこんできます。その他にも、歯がない部分で噛めなくなるので、無意識に食事の際に片方で噛む習慣が身につきます。長年、そのような習慣を続けると、顔の左右のバランスが崩れてしまいます。また、噛み合わせが悪くなることで、歯や顎が痛くなってしまうトラブルも起こります。上記のように色々なトラブルがあるので、歯が抜けたら早期に歯科医院に行くことが大事です。

歯科医院での歯を失った時の治療法

歯科医院では、歯を失った時の治療法として色々な方法があります。その代表例が、入れ歯治療です。これは、歯を失った場所に人工の歯を装着する治療です。保険治療で行えるので、金銭的負担は少ないというメリットがあります。しかし、口に装着するので、最初は違和感が強いです。また、金属のばねが見えてしまうので、見た目によくないこともあります。 その他にも、最近人気の治療法として、インプラントがあります。これは、失ったところの顎の骨にネジを埋め込み、その上に人工の歯を入れる方法です。しっかりとインプラントが顎に定着するので、自分の歯と同じように噛む事ができます。また、見た目にも自分の歯と変わらず美しいです。ですが、歯科インプラントは自費診療でしか対応できないため、金銭的な負担がかかります。どの治療法を選ぶかは、歯科医院と相談して納得して決めることが大事です。